スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽トラ考察

いらっしゃいませ ボランティア輪業へようこそ

本日も読んでいただいて ありがとうございます


スバルサンバー スズキキャリー ダイハツハイゼット マツダポーターキャブ 三菱ミニキャブ ホンダTN(アクティー)と最近まで現存するメーカー6社で軽トラを作っておりましたが、現在はダイハツ・スズキ・ホンダと3社しか作っておりません(三菱は電気軽トラを販売してますが・・・・)。
ダイハツはトヨタとスバルに、スズキは日産と三菱とマツダにOEM供給しホンダだけが単独製造販売しており、車種としては現在新車で購入できるのは3車のみとなります。

昔はフロントタイヤが座席下にあるショートホイールベース(SWB)タイプが常識だったのですが、一時期走行安定性を謳い乗員足元にフロントタイヤがあるロングホイールベース(以下LWB)タイプが流行となり、ホンダ・スズキ・三菱がLWBにスイッチしました。
ところが軽トラっちゅう乗物のメインユーザーは大概狭い路地や畦道を走ったりするので、小回りの利く軽トラを選んでいると思うんですよね・・・・・案の定LWBは軽トラのくせに小回りが利かないので、敬遠され駆逐(三菱の電気式は未だLWB)されてしまいました。
LWBキャリー
これはLWBキャリーの足元です。 ペダル配置は良いのですが、タイヤハウス&ストラットタワーが張り出して、腰から下を車体中心方向へ捻るような運転姿勢を強要されます(ホンダ製も同じ)・・・・・これじゃ走行安定性が良くなっても長距離を走ったら疲れます。(助手席はもっと疲れる!)

現在新車で購入できる軽トラはホンダが荷台下にエンジンを積むMR、スズキとダイハツが運転席と荷台の間くらいに積むFRに近い駆動方式となります・・・・よってどちらもリアが軽く4WDでも雪道では安定性に欠けます。
雪道では旧スバルオリジナルのRRサンバーが一番良かったんですけどね・・・・・・。

軽トラを購入するにあたって旧サンバーの中古(SC付きが欲しかった・・・)も考えたのですが、カミさんが乗るかもしれないって唯一出された条件は変速機がATであること・・・・・・・。
オリジナルサンバー
旧サンバーは設計が古いので、ステアリングシャフトが邪魔な位置にあってペダル配置はMT仕様からクラッチペダルを無くしただけです・・・・・これでは左足ブレーキの虎口ファミリーは乗れません・・・・・・残念・・・・・・。

こちらは旧型ハイゼット・・・・やっぱり設計が古いSWBはステアリングシャフトが邪魔です。
旧型SWBハイゼット

現行のSWBキャリー・・・・・ステアリングシャフトがオフセットされていてペダル配置が良くなっています。
現行SWBキャリー
これでも良いかなとも思った(メーカープションのABSがダイハツより2万ほど安い)のですが、残念ながら自動変速は3速ATと5速AGS(オートギアシフト)で4速ATの設定はありません。

ということで現行SWBのトヨタピクシス、スバルサンバー、ダイハツハイゼット・・・・・4速ATの設定もあり、この良好なペダル配置!
現行SWBハイゼット
現行キャリーが発売されて1年遅れて昨年発売された現行ハイゼットは、流石後出しジャンケンが得意なトヨタファミリーが作ったものです・・・・・キャリーの良い所はより良く、悪い所は改良されていますね~♪

メーカーオプションの組み合わせをもうちょっと考えてくれれば良いんですけどね・・・・・・・。



スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虎口元男

Author:虎口元男
御近所の目がコワイ バイク弄り親父です。
乗るのも好きだけど 弄るのは もっと好き!
バイクのジャンル関係なしに弄りまくってます。

カウンタ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。