スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラ掃除

いらっしゃいませ ボランティア輪業へようこそ

本日も読んでいただいて ありがとうございます


懐かしのセリカLBのレーシングジャケット仕様かS30ZのGノーズ仕様か・・・・・・・哀車Z11キューブの爺ノーズ&ホワイトワークスオーバーフェンダー仕様です。
キューブ爺ノーズ&白オバフェン仕様
このまま東京オートサロン(今は何て呼ぶんだっけ?)かサッポロ雪祭りにでも出展したいほど良い出来栄えですね~♪

春はまだ遠そうです・・・・・・・・・。

さてさてトライアンフのお話です・・・・・
キックシャフトのコッタがビクともしない為、コッタのナットを外して浸透潤滑剤を吹き付けて放置プレーに突入しました。
このコッタが取れなきゃミッションのアウターカバーを外せないですからね~。

放置プレーに入ったコッタのことはおいといて・・・・・・・
キックシャフト辺りを掃除していたらエンジンハンガープレート付近の汚れが気になりました。
キックシャフトじゃなくてクラッチケーブルホルダーからのオイル漏れですよね・・・・・これは・・・・・・。
オイル汚れ
バラして掃除・・・・・・。

汚れを落として組み付けました。
ピカピカ☆
クラッチケーブルはたこ焼き器を作動させてプッシュロッドを介し、反対側プライマリーチェンケース内のクラッチを断続させています。
トランスミッションのインナーカバーとアウターカバーの間にはキックスターターのギアがあるのですが、当然ギアオイルが回っているもんだと思っていました。
ところが考えてみればプッシュロッドがプライマリーチェーンケース側と貫通してるってことは・・・・・プライマリーチェンオイル(エンジンオイル)が回っちゃうってことですよね・・・・・・・。

そういえばプライマリーチェーンケースのブローバイホースを塞いでからキックシャフトのオイル漏れが酷くなったような気が・・・・・・気のせいでしょうか?





スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虎口元男

Author:虎口元男
御近所の目がコワイ バイク弄り親父です。
乗るのも好きだけど 弄るのは もっと好き!
バイクのジャンル関係なしに弄りまくってます。

カウンタ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。