スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もれなく漏れあり・・・・・・

いらっしゃいませ ボランティア輪業へようこそ

本日も読んでいただいて ありがとうございます


ミッションアウターカバーの特殊ナットを締め込んで、完全にオイル漏れが治ったと思い込んでので試乗・・・・・・。
試乗
もう大丈夫もう大丈夫♪

う~ん 大丈夫・・・・・・・・・・
オイル漏れ
足を伸ばさずに早々に帰宅しました。

タイミングギアカバーのパッキンをピックアップセンサー線引き出しの際に破損させたかと思いましたが、原因は交換したオイルシールでした。
原因はオイルシール
打ち込みの際にオイルシールの外周を傷付けてしまったようです。
コンタクトスペースにオイルが漏れ出て、溜まったオイルがピックアップ線穴から流れ出ていたのでした。

オイルシールの打ち込みミスなんて今までしたことはなかった(ホントか?忘れてるだけじゃないの?)のですが、やっぱトラは特別でした。
前回の作業
取り付けの際、外周を先に打ち込んだ(この時はまだオイルシールは無事)のですが、カバーをエンジンに取り付けようとするとオイルシールの内周にコンタクトシャフトが上手く通らず、シャフトに押されてオイルシールが飛び出してしまいました。
なんとかオイルシールの外周をカバーに押し込んだのですが、その時に外周を傷付けてしまったようです。

言訳をさせてもらうと・・・・・・・カバーへのシール外周、シャフトへのシール内周と単品なら挿入できるのですが、シールが大きいのか?シャフトのセンター位置がズレているのか? 両方に組み付けようとすると急に難しくなっちゃうんですね~。

またタイミンギギアカバーを外して、外周に液体パッキンを塗ってオイルシールを組み直しました。
まぁ何時までもつかは分かりませんが、とりあえずエンジンを始動しても漏れませんでした。

次回の作業のときにはタイミンギギアカバーへオイルシールの外周部を入れ易いように、シールの外周部が当たる部分をテーパー加工(面取り程度)して、カバーを外さずにオイルシールを簡単に交換できるようにしちゃおうかな?なんて思ってます。

漏れはコンタクトカバーを外しておけば直ぐに発見できるのですが、常時外して走る必要はありません。 
ブリーザー兼用?
センサー線の取り出し穴はブリーザーを兼ねていますので、またここから噴き出してくれるでしょう・・・・・・・噴かないことを祈っておりますが、無理でしょうね・・・・・・・・。

暫くは短距離の試乗を繰り返したいと思います。


5歩進んだかと思ったら3歩下がって出発点へ逆戻りか・・・・・・・・



スポンサーサイト

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虎口元男

Author:虎口元男
御近所の目がコワイ バイク弄り親父です。
乗るのも好きだけど 弄るのは もっと好き!
バイクのジャンル関係なしに弄りまくってます。

カウンタ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。