スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイルブロック

いらっしゃいませ ボランティア輪業へようこそ

本日も読んでいただいて ありがとうございます


エンジン左側のプライマリーチェーンケースの中身をお気楽に弄れるようになっても、右側のタイミングギアケースやらミッションケースのカバーなんてのを怖くて外せなかったのは、つい最近までのこと・・・・・・。
何だか最近は、こっち側までお気楽にバラバラにするようになって来ちゃったんですけど・・・・・・・良いことなのか、悪いことなのか?
ステップやらマフラーやら外して
パッキンを作成してあるので、エキパイやらを外して余裕で分解していきます。

先日入れたばかりのギアオイルを抜かなきゃいけないのは当然ながら、まだ交換して1500kmしか走っていないエンジンオイルも抜かなければいけません。
高い油面
勿体無いとは思いますが、オイルブロックを外せばオイルは全部流れ出てしまいますからね・・・・・・・。

オイルブロック取り外し!
ホースを抜くつもりはなかったのですが、抜かなければオイルブロックを外せませんでした・・・・・・ホースを抜くんならアウターカバーを外さなくてもオイルブロックを外せたかも・・・・・・。
まぁ開腹手術でやるか、腹腔鏡手術でやるか?って聞かれれば、確実に患部を目視できて間違いが少ないと思われる開腹手術を虎口は選びます・・・・・・私のことじゃなくてトラの話ですけどね・・・・・。
オイルブロック取り外し
オイルブロックを外して流れ出たオイルの流れ方は、外す前に見ていた漏れ方と一緒・・・・・・・ここからの漏れで間違いないですね・・・・・・。

自家製ジョイントワッシャーの形状確認。
ジョイントワッシャー互換品
オイルブロックに合わせて多少修正しました。

掃除してオイルブロック取り付け!
オイルブロック装着
ホースも元通り接続。

アウターカバー取り付けにあたっては、キックシャフトをキック回転方向に1回転させるのは当然として・・・・・。
アウターカバー取り付けにあたっては
シフトシャフトの切欠きがアウターカバーのシフトギアと合っていないとカバーがキッチリと奥まで入りません。

私はシフトペダルを外して、反対側のシフトシャフト先端の切欠きの位置をアウタカバー内のシフトギアと合わせ、さらにその位置で振り子の重りのようにペダルを取り付けていました。
シフトペダルで位置調整
こうするとアウターカバーを押さえながらエンジンの下から手を通して、シフトペダルを回して切欠き器位置を合わせられるので手が2本で足ります♪

流石の虎口もこのペダル位置では走れませんので、アウターカバーのボルトを締め終わったら元の位置に戻しました。



スポンサーサイト

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

コメント

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虎口元男

Author:虎口元男
御近所の目がコワイ バイク弄り親父です。
乗るのも好きだけど 弄るのは もっと好き!
バイクのジャンル関係なしに弄りまくってます。

カウンタ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。